--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-06

中田英寿

中田英寿
中田英寿 元日本代表MF

パス、シュート、テクニック、位置取り、戦術眼、ボディバランス、パワーなど
すべての能力に長けた日本が誇る偉大な選手です
野菜嫌いでも有名で足りない栄養素はサプリメントで補い一切食べなかったそうです
ボローニャ時代は中田に預けておけば安心ということで中田銀行と言われてました
状況をしっかり掴むために試合中ずっと周りをきょろきょろ見渡して背中に眼がある
とまで言われた素晴らしいパスとミドルシュートを放つのです
語学も堪能で五ヶ国語を話せるとか


Jリーグや98年フランスW杯で世界の注目を集め若くして世界の
スーパースターが集うセリエAのペルージャに移籍するのです
初めてのセリエAでもしっかりと実力を発揮し更なる注目を集め
名門ASローマに引き抜かれ日本人として初めてのスクデット
(セリエAのリーグ優勝の盾)獲得に貢献
しかしローマには同じトップ下のポジションにチーム生え抜きの
エーストッティが居たために出場機会には恵まれず試合にでれば活躍は
するのですけど出番を求めて再び移籍するのです


次の移籍先は中堅チームのパルマ
しばらくは活躍できない時期が続くのですけど徹底した戦術主義の
プランデッリ監督が就任してからは右ウィングにコンバートされ
ムトゥ、アドリアーノ、中田の3トップを形成、これが大当たりし
凄まじい破壊力でこれまでの不調が嘘のように勝ちまくるのです
ただ中田さんはプランデッリ監督の右サイドに張り付いてて動くな
という戦術に不満を持っていたようで雑誌のインタビューで
「右サイドでプレーするのはかまわない、でももう少し自由に
プレーさせて欲しい」と語ってます


戦術的な面で監督と衝突をするようになりボローニャにレンタル移籍
選手の自主性を重んじファンタジスタに理解のあるマッツォーネ監督の
下でセンターハーフとしてプレーし再びサッカーを楽しめるようになるのです
しかしそれも長くは続きませんでした
小さなクラブのボローニャには中田さんほどの名選手を完全移籍させるだけの
資金がなかったのです
代わりに中田さんを獲得したのは強豪復活を狙うフィオレンティーナ
最初の一年は怪我の影響で活躍は出来ませんでしたけど新たな意気込みで
挑む翌シーズンになんと宿敵プランデッリ監督が就任、前と同じ苦痛を
味わいたくない中田さんは再びチームを後にするのです


次のチームはイングランドプレミアリーグのボルトン・ワンダラーズ
このニュースを聞いたとき私は驚愕しました
なんでよりによってボルトン・・・?
当時のボルトンの戦術はボールを奪ったらすかさずロングボールで前線に
放り込むサッカーでそれなりに結果は出してたけど解説者の粕谷秀樹さんに
BLA(ボルトンロングフィードアタック)なんて呼ばれちゃうほどで
中盤の底でボールを待つ中田選手の頭上を越えて展開されていくのです
ボルトンからすればファンタジスタのジョルカエフやオコチャの後継者にって
考えがあったのでしょうけどちょっとタイプが違います
結局活躍できないままシーズンを終え続くドイツW杯でも分裂したままの
チームで期待はずれの結果に終わり絶望のままに29歳の若さで
引退をしてしまうのです


中田さんの引退に世界が驚き私たちファン以外でもセリエAの名選手ピルロや
デル・ピエロは電話で直接彼を説得しようとしたりかつての恩師マッツォーネ
監督は現役復帰したかったら私をたずねて来いと声をかけたりと大勢の人たちに
惜しまれてサッカーの表舞台から去ってしまいました


今何やってるんだろうな・・・
たぶん性格的にやらないとは思うけど監督やコーチになって
もう一度私たちに感動を与えて欲しいな・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

なんだか終盤は活躍の場を得られなかった悲劇の選手って感じが・・・
かみ合わないってのは辛いことなんですねぇ

お返事

>すさん
凄い選手なのに場所を得られないって人は結構いますね
特にビッグクラブにはベンチに置いておくには勿体無い選手とか多いです・・・
中田選手は監督に恵まれない人だったなあ・・・
プロフィール

こはきゅん

Author:こはきゅん
日々の出来事で面白かったものなどをちょろちょろと書いていきます。
マンチェスターユナイテッドとデビッド・ベッカムのファンです。
麻雀も好きです。
天鳳五段
ツイッター
https://twitter.com/kohakyune
ピクシブ
http://pixiv.me/kohakyune

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。